講師紹介・教室案内

吉田佳子

大阪芸術大学 演奏学科 ピアノ専攻 卒業
同大学卒業演奏会出演

卒業後、ザルツブルクモーツァルテウム音楽院にて、
エイネル=スティーン=ネクレベルク氏のマスタークラス終了

伊達純氏、ダグ=アシャツ氏のレッスンを受ける。
金洪才指揮、関西フィルハーモニー管弦楽団と
ショパンピアノ協奏曲1番を協演。
その他、飛翔コンサート、新人演奏会など出演。

現在は指導の傍ら、ジョイントコンサート、デュオコンサート、伴奏等を行う。
ピアノ指導者協会会員

在学中よりヤマハグレード取得。
卒業後、ヤマハ音楽教室でレッスンを始め、
現在は教室と自宅にて、レッスンを行っている。

生徒の中には趣味として20年近く続けておられる方、音高、音大に進む方、ピアノ講師になったり、
アメリカの音楽大学に進学した人もいます。

ピアノを習われる方へ

教室内イメージ

ヤマハ音楽教室で20年以上レッスンしてきましたので、年齢も習う目的も様々な生徒さんを教えてきました。
そこで思う事は、お家の方(特にお母様)の興味のあるなしが、お子様の成長の度合いに影響し、それが練習量に繋がります。

頑張って練習した時、昨日より少し良くなったとき、難しい事にチャレンジした時、毎日きちんと練習した時等、お子様のちょっとした変化に気付いてあげて、ドンドンほめてあげて下さい。

大人である私達も「そんなお世辞を。。。」と思いながらもほめられると嬉しいものです。まして、お子様は「お母さんお父さんに褒められたい」という気持ちが強いので、ほめられると益々、やる気が出てきます。